不動産の交換

不動産の交換において、所得税法の交換特例は、交換資産の価額差がいずれか高い方の20%以内であることを要件に定めています。その条件を満たすために、鑑定評価額(時価)に基づいた取引をすることが必要となる場合もあります。

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP