地代・家賃の値上げまたは値下げ交渉

不動産の鑑定評価は、不動産の「価格」を求めるものだけではなく、不動産の適正な「賃料」を求める場合にも利用されています。現行の賃料が、経済情勢や近隣の不動産賃貸相場に照らして妥当かどうかの判断材料として使えます。  また、地代や家賃の値上げ・値下げ交渉においては、鑑定評価書が契約当事者間の交渉資料、調停における資料、そして、裁判所の訴訟における証拠となります。継続賃料の改定においては、将来的に調停や裁判が充分予測されますので、法律解釈(民法・借地借家法等)を充分に盛り込んだ鑑定評価が必須です。

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP