トップページ > 報酬形態    

報酬形態     


宮崎 不動産鑑定 宮崎県で唯一、現役の税理士兼不動産鑑定士のため、税務当局
への不動産鑑定評価の説得力には、絶対の自信がございます!

不動産の類型/鑑定評価額3千万円
まで
1億円
まで
3億円
まで
10億円
まで
A更地150,000250,000350,000450,000
B1棟の建物                    例:戸建、1棟のマンションやオフィス200,000300,000400,000500,000
C借地権150,000250,000350,000450,000
D貸地150,000250,000350,000450,000
E家賃300,000400,000500,000600,000
F地代200,000300,000400,000500,000
Gマンションの1室200,000300,000400,000500,000
H相続税の広大地判定300,000500,000700,000900,000
I農地、山林、原野、 池沼、              墓地、雑種地300,000400,000500,000600,000
Jこれから宅地になると見込まれる土地200,000300,000400,000500,000

   ※全て税抜です。訴訟のための不動産鑑定は別途お見積りとなります。


公共機関様からの不動産鑑定のご依頼 用地対策連絡協議会の報酬基準

ご依頼にあたって、ご準備いただきたいもの
  • 土地と建物の登記簿謄本(法務局にて入手可)

  • 公図写し(法務局にて入手可)

  • 固定資産等納税通知書 (市町村役場にて入手可)

  • 地籍測量図(法務局にて入手可・もともとない場合があります。)

  • 建物図面(法務局にて入手可・もともとない場合があります。)

  • 土地や建物の貸し借りがある場合は、賃貸借契約書

  • 賃貸マンション、オフィスビルを評価する場合は、賃料一覧、敷金礼金一覧

  • 建物に保険をかけていらっしゃる場合は、保険料の明細

     ご依頼にあたって、上記のような資料を、必要に応じてご提示していただきます。

     当社では、鑑定評価を依頼していただくお客様の求めに応じ、実費のみで評価対象不動産の登記簿謄本や公図等を代行して取得するサービスを行なっておりますので、ご用意できない場合は、その旨お伝えください。


    Tel. 0120-383-355 受付時間:9:00〜17:00
    (年中無休、土日祝もお電話OK!)


    icon
    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.002 All Rights Reserved.