トップページ > 相続・贈与・資産税コラム

相続税を支払わなければならない方は、激増します。


相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。一定額以内であれば相続税が発生しない訳です。これを基礎控除額といいます。

(現在の基礎控除の計算式)
1000万×法定相続人の数 + 5000万

例)夫が亡くなり、相続人が妻と子供2人だった場合
  1000万×3(人)+5000万 =8000万 

つまりこの例では8000万円までは税金がかかりません。

次回の税制改正で、考えられているのは、この基礎控除の減額です。これは、ものすごいインパクトのある改正であり、相続税を支払う義務のある人は、1.5倍になるといわれています。

(現在考えられている基礎控除の計算式)
600万×法定相続人の数 + 3000万

例)夫が亡くなり、相続人が妻と子供2人だった場合
  600万×3(人)+3000万 =4800万 

つまりこの例では、税金がかからないのは、4800万円までということになります。
夫婦+子供2人で、8000万まで認められていたのが、4800万までしか認められないとなれば、相続税は多くの人に関係のある税金になるでしょう。

池上税理士事務所では、将来の相続税のシミュレーションを無料で行っております。


不動産鑑定 延岡
ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.002 All Rights Reserved.